6月15日
月経後は、好き嫌いの強い食べ物は控えよう

「月経後7日間」の卵胞期は、新しい卵子や子宮内膜を作るなど、排卵期に向けての準備をする時期。女性らしいオーラが最も輝くときでもあります。この時期は、極端に好きなものや、嫌いなものを食べると、エネルギーが強すぎて子宮の負担になることがあります。刺激物は避けて、普段食べ慣れたものを摂るようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2011年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。