6月23日
腕や手足がむくむ、リンパ浮腫を知ろう

「リンパ浮腫(ふしゅ)」とは、乳がんや子宮がんの手術後に多く見られる手足の「むくみ」のことを言います。がんの手術では、がん細胞が全身に回らないように、がん細胞が溜まりそうな「リンパ節」を切除します。それにより、体内の組織に届けられた後のタンパク質や水分の回収がされにくくなり、皮下組織に溜まってしまいす。こうしてむくんだ状態が「リンパ浮腫」なのです。リンパ浮腫は、運動不足によって起こる場合や原因のわからないものもあります。思い当たる場合は専門の医療機関を受診しましょう。

前へ

バックナンバー

2011年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。