6月25日
ハモを食べて、コラーゲンを補給しよう

夏が旬の「ハモ」は、東洋医学的に「寒性」で、胃腸を強くして体力をつける作用があります。熱っぽくて、のぼせやすい高血圧体質の方に特に良い食材でしょう。ハモの皮は「カルシウム」や「コラーゲン」を豊富に含んでおり、皮を焼いて酢の物にしたり、皮のまま煮込んでスープにすると、たっぷり補給することができます。ただ胃腸の弱い方、老人、小児は、胃腸を冷やしてしまう恐れがあるので、控えめにしましょう。

前へ

バックナンバー

2011年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。