7月23日
血管が青く見える理由を知っておこう

赤血球に含まれている「ヘモグロビン」は、元々赤い色をしていて、「酸素」と結びつくと、さらに鮮やかな赤色になります。しかし、「二酸化炭素」と結びついたときには、黒ずんだ暗い赤い色になります。私たちが皮膚を通して見ている血管は「静脈」で、全身をまわったあとに二酸化炭素と結びついた黒っぽくて暗い赤色です。それを皮膚を通してみるため、私たちの目には「青く」見えるのです。

前へ

バックナンバー

2011年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。