7月27日
ナッツ類のトコフェノールに注目しよう

アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類に含まれている「トコフェノール(ビタミンE)」には、抹消血管の血流をよくする働きや、動脈硬化を予防する働きがあるとして注目されています。このトコフェノールは「抗酸化物質」であるため、血管や細胞をサビつかせる「活性酸素」を抑える作用もあります。ただカロリーが高いので、食べすぎには注意しましょう。

前へ

バックナンバー

2011年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。