7月30日
尿路結石について理解しよう

尿路に結石ができる病気のことを総称して「尿路結石(にょうろけっせき)」といいます。結石が出来る場所によって「尿管結石」「腎臓結石」「膀胱結石」など、さまざまな呼ばれ方をしています。尿管や膀胱でつくられる結石はまれであり、実際には「腎臓」でつくられた結石が降りてきて、その場所に留まってしまうケースが多いようです。症状としては、七転八倒の苦しみで起き上がれないほど痛くなることが多いので、疑いがあるときはすぐに病院へ行きましょう。

前へ

バックナンバー

2011年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。