8月4日
冬瓜を食べて、熱を収めよう

冬瓜(とうがん)は東洋医学的に「寒性」で、利尿作用が強いため、体の熱を取り除き、余分な水分を出してくれます。また、ビタミンCが豊富で、夏バテの体を癒してくれますから、夏の食卓にはどんどん載せたいもの。しかし、体が冷えやすい体質の人や、痩せて体力のない人は、食べ過ぎると体調を崩す恐れがあるので控えめにしましょう。

前へ

バックナンバー

2011年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。