8月14日
鼻は、肺を守るためのフィルターだと知ろう

鼻は、ただ空気を取り入れたり、吐き出したりするわけではありません。吸い込んだ空気に含まれている「チリ」や「ほこり」を取り除く働きも持っています。さらに鼻道では、気管支や肺に冷たい空気が入らないよう、温度を調整したり、湿り気を与えたりします。鼻は呼吸のためだけでなく、肺を守るためのフィルターの役割も果たしているわけです。

前へ

バックナンバー

2011年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。