8月27日
月経時の性行為は、できるだけ控えよう

月経時は、粘膜が敏感になっているため、性交の摩擦で傷がつきやすくなっています。また「免疫力」が落ちていて、感染症にかかりやすい状態です。月経時にはできるだけ性行為はしないようにしましょう。さらに、男性の挿入によって経血が出ようとするエネルギーも遮断され、出るべきタイミングに血が出なくなるなど、女性のカラダに問題が起こりやすくなります。

前へ

バックナンバー

2011年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。