8月28日
緑茶に含まれるカテキンの由来を知ろう

緑茶に含まれる「カテキン」の発見者は、細菌学の権威である島村忠勝教授です。このカテキンの「抗菌作用」を見つけて、それを学会で発表したところ、当時はほとんど評価されなかったそうです。そこで、抗菌効果がすぐわかるように「菌に勝て」という文字から、「カテキン(勝て菌)」と命名したとか。その後の研究で、カテキンは菌に強いだけなく、抗酸化や血圧の調整効果などがあることもわかってきています。

前へ

バックナンバー

2011年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。