9月22日
梅干しを食べて、病気予防をしよう

昔から梅干しには殺菌力があると言われ、明治時代には疫病のクスリ代わりになっていたほどです。一日を元気に過ごすための病気予防という意味で、朝食に梅干しを食べる習慣もあったとか。1日1個食べるよう、心がけましょう。番茶に梅干しを入れて、お醤油を少々たらしていただく、梅しょう番茶もオススメですよ。

前へ

バックナンバー

2011年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。