9月30日
酢を活用して、疲れたカラダを回復させよう

本来、血液や体液は弱アルカリ性。それが「酸性」に傾くと、疲れを感じたり、病気になりやすくなります。酢には、カラダの中の血流を良くして、血液や体液を「弱アルカリ性」に戻してくれる働きがありますから、飲む酢や酢料理には、疲労回復の効果があると言われます。日常生活の中に、上手に活用していきたいですね。

前へ

バックナンバー

2011年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。