10月10日
ギンナンを食べて、肺の機能を回復しよう

ギンナンは、東洋医学的に「平性」で、肺の機能を回復することで、喘息を解消させる働きがあるといわれています。古くから夜尿症や頻尿、おりものを止める働きもあるとされています。よく焼くか、十分に炒って食べましょう。薬効が強いので、胃腸の弱い方や、小さなお子さんは控えめにしましょうね。

前へ

バックナンバー

2011年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。