10月29日
血液成分の割合について知っておこう

血液の成分のうち、酸素や二酸化炭素を運ぶ「赤血球」は、全血量の約40〜45%を占めています。ほとんどが水分でできている「血漿(けっしょう)」が約55〜60%。しかし、異物を殺す「白血球」や、血液を固める「血小板」は、2つ合わせても全体の1%ほどに過ぎません。そんな白血球が減ってしまうと、免疫力や抵抗力が下がってしまい、細菌やウイルスなどに感染しやすくなりますから、これからの季節、冷えなど改善して免疫力を上げるようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2011年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。