11月10日
リンゴの成分、エピカテキンに注目しよう

リンゴに含まれているポリフェノールは、「エピカテキン」という成分で、お茶のカテキンよりも抗酸化作用が強いと言われ、水と熱に強い特徴があります。エピカテキンは皮に多く含まれているため、リンゴを皮ごと食べると摂取しやすいでしょう。

前へ

バックナンバー

2011年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。