11月21日
寝るときは、部屋を真っ暗にして眠ろう

夜、蛍光灯などの光を浴びると、からだの働きを整えたり、眠気を誘う「メラトニン」の分泌量が減り、眠りの質が低下してしまいます。また、夜の光は「体内時計」を乱して、生体リズムを狂わす原因につながるのです。夜眠るときには、部屋を真っ暗にするように心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2011年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。