11月24日
尿の働きと成分について知ろう

尿は、血液の中のいらなくなったものや有害物質、老廃物などが腎臓でろ過されて、体外へ排出されたものです。尿の成分は、主に「水分」と「尿素」で、他には、塩分、クレアチニン、尿酸、カリウム、アンモニア、マグネシウムなどです。尿素は無色無臭のもので、尿の色が黄色くなるのは、「ウロクローム」という物質によるもの。「ウロクローム」は血液などが分解された老廃物です。

前へ

バックナンバー

2011年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。