12月1日
生理痛には、子宮ゾーンを刺激しよう

子宮口が狭く血液が通りにくいことや、子宮の収縮が強すぎることなどが生理痛の原因のひとつといわれています。足の内くるぶしの下にある「子宮ゾーン」のツボを刺激することで、子宮の状態やホルモンを整え、痛みを和らげる効果があるそうです。少し広めの範囲をもんでみて、痛みやコリを感じたら、そこを重点的に押しながら揉んでみましょう。

前へ

バックナンバー

2011年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。