12月2日
尿酸値の上昇による、痛風に気をつけよう

尿酸は尿と一緒に排出されますが、増えすぎると関節の中で結晶となり、「痛風(つうふう)」を起こすことがあります。さらに関節だけでなく「腎臓」にも溜まりやすいため、腎臓の障害を起こすケースも。心当たりのある人は、カロリーのとりすぎ、アルコールの飲みすぎ、動物性脂肪のとりすぎを避け、魚・大豆などのたんぱく質、尿酸の排出を促す野菜・海藻・きのこなど、バランスのとれた食事を規則正しくとることが大切です。

前へ

バックナンバー

2011年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。