12月14日
静脈を血液が流れる仕組みを知ろう

動脈は、自ら収縮して血液を送り出します。しかし「静脈」には、自ら収縮して血液を送り出す力がありません。そのため、心臓より上の静脈血は、重力によって心臓に戻ることができますが、心臓より下は、手足を大きく動かした時の筋肉の「収縮」と「弛緩」がポンプの働きをして、心臓の方向へ押し上げます。つまり、手足をあまり動かさないと、静脈血の流れが悪くなるのです。足がむくみやすい方は、よく歩いたり、こまめに体を動かしましょう。

前へ

バックナンバー

2011年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。