12月30日
タンパク尿の異常について理解しよう

血液中に含まれているタンパク質が尿に漏れ出ると、「タンパク尿」になります。タンパク尿には、病気が原因の場合と、良性の場合があり、病気の場合は「腎臓病」や「多発性骨髄腫」「泌尿器の腫瘍」「尿路結石」などが疑われます。健康診断で尿タンパクが出た場合に、良性で一時的なケースなのか、病気なのかは、病院で詳しく検査しましょう。

前へ

バックナンバー

2011年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。