1月14日
バセドウ病の症状について理解しよう

バセドウ病は、免疫の異常によって、新陳代謝を高める「甲状腺ホルモン」が過剰に分泌されて起こる病気です。20〜40代の女性に多く見られ、新陳代謝の活発化から、汗が多く出る、脈拍が速くなる、眼球が出てくる、食欲があるのに体重が減るなどの症状が代表的です。気になる方は、早めに専門医に相談しましょう。

前へ

バックナンバー

2012年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。