1月22日
正しい歯のブラッシングを知っておこう

目に見えない細菌や、ほんの少しの食べカスが、口臭や虫歯、歯周病の原因になります。ブラッシングのポイントは、まず、歯と歯ぐきの間の「歯垢(しこう)」を取り除くことです。それには「歯ブラシの毛先」と「歯ぐきの間」が45度になるように当てて、表側も裏側も磨きます。次に、「歯ブラシの毛先」を歯に直角に当てて、左右に小さく動かし、それから上下にも動かします。歯のすきまには、「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」を使いましょう。人前でも自信がもてるように、歯のケアを続けましょう。

前へ

バックナンバー

2012年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。