1月27日
よく噛む習慣で、「脳冷え」を解消しよう

認知症の原因の一つに、「脳の冷え」があるといわれています。それは脳の血流が悪くなることが原因なのだとか。そこで、食事の時によく噛むことで脳の血流を良くし、「脳の冷え」を改善しましょう。一口あたり「20回程度」噛むのが目安。また首を冷やさないよう「ストール」や「マフラー」で温めるのも、脳冷えに効果的だそうです。

前へ

バックナンバー

2012年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。