2月1日
副腎・腎臓ゾーンを押して体を温めよう

腎臓は、東洋医学では「精の源」です。副腎は腎の働きを助ける器官。そこに対応する反射ゾーンが足の裏にあります。足裏の人差し指から、「かかと」のほうに辿っていき、へこんだところの下が副腎・腎臓ゾーンです。このゾーンを丁寧に刺激すると、体を温めるエネルギーが溢れてきます。両手で足裏全体を包み、親指を重ねて置いて、足の指の方向に押しもむと良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2012年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。