2月8日
睡眠不足で、腸の動きが鈍くなると知ろう

睡眠時間が短いなど「不規則な生活」を続けていると、自律神経が乱れて、免疫力が下がることがあります。さらに、腸のぜん動運動が鈍くなり、正常な排便がしにくくなるのです。便秘などにならないためにも、「早寝早起き」を基本に、きちんと睡眠をとるように心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2012年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。