2月16日
生理前のイライラの一因は、肝鬱だと知ろう

東洋医学的にみると、生理前のイライラは、子宮に血液が集中して自律神経の調節をしている「肝」の血流が減ることも一因です。これを「肝鬱(かんうつ)」と言い、この「肝鬱」を抑えるには、肝の血流を良くすることが必要です。セロリや香菜などの「香味野菜」を食事に取り入れるとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2012年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。