2月25日
老人性難聴にならないために注意しよう

難聴の中でも、加齢とともに神経細胞が磨耗して進む症状を「老人性難聴」といいます。また、若者でも一日中雑音の中で過ごしたり、大音響で音楽を聴くなどしていると、「加齢性難聴」になる時期が早まったり重くなったりするそうです。どうしても大きな音の中にいなければならないという職業や環境にある方は、できるだけ耳への負担を減らしたり、休ませる時間を作るように心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2012年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。