3月3日
ぬるめのお湯で、緊張をほぐそう

ぬるめのお風呂に入ると、緊張をほぐす「副交感神経の働き」がよくなります。そのため心拍数や血圧が下がり、心身がリラックスします。またじっくりお湯につかると、カラダの芯まで温まるため、このタイミングで就寝すると安眠できるのです。寝つきが悪い時は、寝る1時間くらい前に、15〜20分ほど入浴するとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2012年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。