4月2日
家族の高齢者の一番風呂に注意しよう

昔は、家族のなかで一番目上の人に「一番風呂」を勧める習慣がありました。しかし、最初にお風呂に入ると浴室が温まっておらず、「冷たい空気」と「熱いお湯」の温度差で、血圧が急激に上がることもあります。高齢者は熱い、冷たいの感覚がにぶくなりますから、熱いお湯でやけどをしてしまう場合も考えられます。高齢者には、浴室を温めて、お湯の温度を確かめてから入浴してもらいましょう。

前へ

バックナンバー

2012年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。