4月6日
「せり」の効能を知ろう

「せり」は、古代より食べられてきた野菜で、古事記、日本書紀にもその名前が登場しています。春の七草がゆに使う野菜の1つで、鉄分や食物繊維を含んでいるため、便秘などの予防効果があります。香りの元となる成分には、保温効果、発汗作用があるので、冷え性にも良いとされています。サラダやスープ、和えものに活用してみましょう。

前へ

バックナンバー

2012年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。