4月16日
化粧水は、なじませる程度の量で

肌の潤いを保つのは、セラミドなど肌の保湿成分です。保湿成分が減った肌に、たくさん水分を与えても、保水力が乏しくなって水分が蒸発してしまうことがあります。化粧水は、なじませる程度の量が適量です。両方の手のひらを使って、顔全体を包み込むようにしましょう。その時、顔をこすらないように注意を。

前へ

バックナンバー

2012年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。