4月27日
更年期前後になりやすい症状を知ろう

女性ホルモンの種類のひとつ、「エストロゲン」は、生殖機能以外にも、脳や心臓、血管、皮膚、骨など…女性の体全体を守るホルモンです。更年期でエストロゲンが不足してくると、全身にその影響が表れてしまいます。例えば、膣のバリア機能が低下して膣炎や尿道炎を起こしたり、骨盤内の筋肉が弱くなることで、尿漏れや頻尿といった症状で悩むことに。美容面でも、肌のシミやシワ、胸が小さくなるなどの影響が出ることがあります。

前へ

バックナンバー

2012年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。