5月8日
お風呂に入る習慣で免疫力をアップしよう

お風呂でくつろぐ時間をもつことは、心身をリラックスさせる効果があり、「免疫力」をアップさせます。ただし、熱いお湯につかると、心身をアクティブにさせる交感神経が活発化してしまいます。副交感神経を優位にさせて、心も体もゆったりさせるためには、40℃未満のぬるめのお湯に長時間つかるのがコツ。お風呂を上手に活用して、ストレスを溜めない生活習慣を送りましょう。

前へ

バックナンバー

2012年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。