5月31日
排尿の仕組みについて理解しよう

尿が膀胱に溜まってくると膀胱壁が刺激され、おしっこをしたいと感じます。尿意は脊髄をとおって脳に伝わり、大脳が出すか出さないかの判断を行います。排尿する準備が整うと、大脳が膀胱に指令を出し、膀胱をしぼませて、反対に尿道はゆるませて尿を出します。膀胱と尿道は逆の働きをしながら、蓄尿と排尿のコントロールを行っているのです。

前へ

バックナンバー

2012年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。