6月19日
夕食が遅くなるときは、軽食をたべよう

食後3時間より前に寝てしまうと、消化し切れていないエネルギーが貯蓄され、脂肪に変わるそうです。仕事などで夕食が遅くなると、どうしても食後すぐに就寝してしまいがちですが、夕食が遅くなるときは、18時ぐらいに炭水化物が中心の軽食をたべましょう。夕食は量を減らし、炭水化物と脂肪を控えめにして消化しやすい物を食べるとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2012年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。