6月20日
脳内物質の働きを知ろう

脳内物質は、私たちの精神や行動と深く関係しています。例えば、脳から出るドーパミンという物質は、脳を覚醒させてヤル気をもたらしてくれる物質として有名です。またエンドルフィン、エンケファリンという神経伝達物質は、痛みを感じにくくしたり、気分を高揚させる作用があります。マラソン中に苦痛を感じなくなるランナーズハイも、これらの物質が脳内から多量に分泌されるために起こると考えられています。

前へ

バックナンバー

2012年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。