7月4日
キュウリの栄養素を知ろう

キュウリは東洋医学的に「寒性」で、熱を収めて夏バテを防せいでくれる作用があります。キュウリの重要な栄養素であるカリウムは、水に溶け出てしまいやすいため、むくみをとりたいときは、煮汁を飲んだり、軽く炒めて摂取するのが良いでしょう。また、「アスコルビナーゼ」という酵素は、ビタミンCを壊してしまう性質があるので、ビタミンCを多く含む野菜と、キュウリは相性がよくありません。酢を入れると、この酵素の働きは抑えられるそうです。

前へ

バックナンバー

2012年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。