7月17日
体内の毒素を排出するには筍と芹を食べよう

体内の毒素を排出するには、「筍と芹」の食べ合わせが効果的です。タケノコには食物繊維が豊富で、毒素を排出する働きがあります。そこにセリの「葉緑素」が合わせると、さらに排出効果がアップします。セリに多く含まれる「葉緑素」は、血液のヘモグロビンと良く似た化学構造をしています。それによって、体内に入ってきた農薬、食品添加物などを食物繊維が吸着して、効率的に体外へと排出させることができるのです。

前へ

バックナンバー

2012年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。