7月20日
マンゴーの効能を、うまく活用しよう

マンゴーは、東洋医学的に「涼性」で、暑熱を収めるはたらきがあります。セキ・痰・嘔吐・歯ぐきの出血など、さまざまな諸症状にも効く食材としても知られています。また、果実の皮は、利尿や便秘に効果があります。気になる方は、食べてみましょう。

前へ

バックナンバー

2012年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。