7月26日
ドジョウを食べて、夏に体力をつけよう

ドジョウは東洋医学的に「平性」で、中国では古くから「体力がつく食材」として知られています。さらにドジョウには、余分な水分とこもった熱を収める働きもあります。また、栄養不良、疲れ、強精などにいいので、夏の体力アップにいいでしょう。ただし、ドジョウは腎の負担になるため、腎機能が弱っている方は食べ過ぎないほうがよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2012年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。