8月12日
今増えている内臓脂肪型の肥満に注意しよう

同じ脂肪がつくにしても、「皮下脂肪」がたくさんつく場合と、「内臓脂肪」がたくさんつくケースがあります。皮下脂肪は「カラダの表面」近くについている脂肪で、下半身やお尻に付きやすい傾向があります。一方、内臓脂肪は「みぞおち」あたりの内臓についている脂肪で、ウエストあたりが太くなっていきます。健康に特に良くないとされているのは「内臓脂肪型」です。糖尿病や高血圧などに関係するホルモンを分泌することから、生活習慣病になりやすいと言われています。

前へ

バックナンバー

2012年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。