8月13日
キャベツで女性ホルモンを活性化させよう

キャベツに豊富に含まれている「ボロン」という成分は、女性ホルモンを活性化させる働きがあります。米国農務省も、その効果を認めたという成分です。どうも最近お肌が荒れているな…女子力が落ちてきているな…と感じる方は、キャベツを食べてみましょう。キャベツにはもう一つ、「グルコシノレート」という成分も含まれており、これは「ホルモン分泌」を促す働きがあります。

前へ

バックナンバー

2012年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。