9月9日
遠くを見て、体をリラックスさせよう

近くの物に目を向けることで、自律神経の「交感神経」が働いて、目の筋肉が収縮します。この流れでピントが合い、近くの物が見えます。この「交感神経」が働いているときは、体全体が緊張状態になり、ストレスが溜まるそうです。逆に、遠くにピントを合わせるときは、「副交感神経」が働くので、体はリラックスします。

前へ

バックナンバー

2012年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。