9月25日
梨を食べて、血液の循環をよくしよう

梨(なし)は、東洋医学的に「寒性」で、毛細血管の「循環障害」を改善させるはたらきがあります。梨はカリウムが豊富で利尿作用により「血圧」を下げる効果も期待できます。カラダの水分が不足し、微熱のある方には適した食材です。しかし冷えや腹痛が起こりやすい人は、体が冷えるので食べ過ぎないように気をつけましょう。

前へ

バックナンバー

2012年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。