10月6日
ばち爪は、心臓や肝臓の不調サインと知ろう

爪の甲が盛り上がって、爪の先端が指を包み込むように丸まっている形を「ばち爪」と言います。このばち爪になっている人は、爪の栄養状態から、「心臓病」や「肝硬変」などの疑いがあるとされています。最近気が付いたら「ばち爪」になっていた…という場合は、体の不調のサインと受け止めて、健康診断を受けるのがよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2012年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。