10月12日
動脈硬化が起こるメカニズムを理解しよう

年齢を重ねるごとに、血管の動脈の弾力性は少しずつ失われていきます。すると、血液の圧力によって「血管の壁」に傷がつきやすくなります。その結果、その傷口から内膜にコレステロールが入り込んで、血管の壁が厚くなってしまうのです。このことを「アテローム硬化」といい、動脈硬化は一般的にこの状態のことを言います。高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、ストレスがあると進行を早めてしまう恐れあるので注意が必要です。

前へ

バックナンバー

2012年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。