11月20日
ビフィズス菌で腸内トラブルを減らそう

腸内の健康を保つ「ビフィズス菌」は、加齢によって減っていきます。そのため便秘や下痢などの排泄トラブルも増えやすい傾向にあります。ただし、体がビフィズス菌のない状態に慣れてくると、トラブルも減ってくるようです。日ごろからヨーグルト、乳酸菌飲料、発酵食品などを食べて、腸内トラブルを減らしましょう。

前へ

バックナンバー

2012年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。