11月27日
視神経が圧迫される、緑内障を知ろう

眼球の内側からの圧力が上がると、風船が膨らむように眼球が張りつめられ、まわりの「視神経」を圧迫します。それによって視野が欠けたり、視力異常が起こることを「緑内障(りょくないしょう)」といいます。原因は、角膜と水晶体(レンズ)の間を満たしている「水分」が外から入ってくるばかりで、排出されないためと言われています。気になる方は、病院で診てもらいましょう。

前へ

バックナンバー

2012年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。