12月1日
風邪とインフルエンザの違いを知っておこう

インフルエンザは、インフルエンザウイルスにより発症します。一般に38度以上の高熱が出て、頭痛、関節痛など全身に症状が突然表れます。感染力が強いため重症化することもあります。一般的な風邪は、のどや鼻などの炎症が中心です。上記の症状がないか、あっても軽いことがほとんどです。インフルエンザの場合は、医師の診断により、タミフルなどの「抗インフルエンザ薬」を48時間以内に服用することで、熱も下がり、症状がラクになることが期待できます。

前へ

バックナンバー

2012年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。